MENU

北海道の川でニジマスを釣る…#16 フライフィッシング

ニジマス釣りには厳しい季節…

川が開いているだけありがたい…

この時期には珍しくニジマス狙いでこの川へきてみたのだが…

やはり水位は極端に低く…

生命感のカケラも無い…笑

何かが釣れたら良しだろう…

毎年大物が着くポイントへ来てみた…

まずはルアーで様子を探る…

……やはり…

大物が着くプールでは残念ながら何の手答えも感じ取れなかった…

ハイシーズンならば即移動の繰り返しなのだが…

雪も深くポイントまでは雪を漕いで行かなければならないので、この区間をゆっくりと探ってみることにした…

そのまま下流へとキャストを繰り返し、対岸に倒木が見えてきた…

僅かに水深の変化がある…

期待は薄いのだが…

一応…撃ってみる…

…スッ……

スンスンスンッ……

もしかして、チェイスか⁈

ここにニジマスは着かないのだが…

何かがチェイスしたようだ…

ヤル気はありそうなスピードだ…

ルアーチェンジをしてもう一度倒木裏から誘いをかけてみる…

ガンッ!!

食った!!

明らかにニジマスの引きでは無いが…

数少ない魚からのコンタクトに少しばかり慎重にファイトを楽しんだ…

……アメマスだ……

どの河川にでもアメマスはいるのだろうが、この川に通いはじめてから初めてのアメマスだった…

あまりに珍しいこの川のアメマスに撮影もしっかりさせてもらった…

なんとかその日の目標は達成した…

と、言いたいところだが…

1本反応があると言う事は…

もしかしてニジマスもどこかのポイントでは動きがあるのかもしれない…

アメマスを釣った場所から更に下流へと進み大場所の流れへとたどり着いた…

ここもルアーで丁寧に探りを入れてみたが…

そんな淡い期待などはすぐに打ち消された…

移動だ…

 

予想通りの厳しさ…

もぉあの大プールで探るしか無いのかもしれないと、クルマを走らせ大プールまでの雪道を走れるか推察……

行けそうだが…

もしかしたら…

沈むかもしれない…

歩いて行けば良いのだが…

少しでも歩きたくないと横着を決め込んでクルマで突っ込んでみた…

途中までは良かったのだが…

だんだんと様子がおかしくなり…

気がつくと…

亀🐢になっていた…笑

スコップの一つでもあれば何とかなったものの…

流石に素手で雪を掻いてはこの後の釣りに支障がでてしまう…

悩んだあげく、レッカー屋さんに連絡…

到着まで1時間30分…

黙っていても時間が勿体ないので、大プールを探ってみる事に…

ルアー、フライ、両方を駆使して探ってみたものの、ニジマスからの反応は無かった…

そしてようやくレッカーが到着…

ユニック車…  無理だろ… 絶対無理だろ…

しっかりと状況説明をしたのだが…

レッカー屋さんの挙動を遠目で見ても、同じく無理だろ…と思っていたのだろう…

とりあえず話をしてみると、もう一度クルマを取りに戻って折り返すとの事…

来るのに1時間30分…

今から帰ってまた来てだととんでもない事になるので、強引にスコップ無いですか⁉️と聞いてみた…

なんとか一本だけスコップを積んでいたようで、雪を掘り始めてくれたのは良いが…

ヤル気が無かったのだろう…

なんどもクルマの一部にスコップが当たる…

雪を掻くポイントも雑すぎて、見るに見兼ねて選手交代を願い出た…笑

ワッサワッサと気合いを入れてものの10分でクルマは自力で抜け出す事に成功した…笑

おかげさまですっかり体は暖まり頭も回転してきた!!

よし!

ラストだ!

移動…

ハイシーズンに必ず訪れるポイントを最後と決めた…

ここはあえてフライでいこう…

頭から流しはじめて少しすると…何かが頭を出した…

⁉️

まさかニジマスが居るのか⁈

緊張感が高まる…

フライはグレーのストリーマー…

頭を出した少し上へフライを落とした…

すると、沈む間も無く…

グィーー💦

食ったッ‼️

いいサイズだ‼️

ジィーーー……ジィーーー…

グングン…グングン……

ジッ…ジィーー…

やはりこの時期のニジマスは疲れているようだ…

動きが鈍い…

以外にあっさりと浅瀬に乗り上げる事ができた…

魚体も以外と痩せてはいなかった…

この川の居着きか…?

錆色の入ったカッコイイ♂のワイルドレインボー…

 

苦労した甲斐があった…

 

 

 

 

最高の時間をありがとう……

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北海道でビックトラウトをルアーフィッシング、フライフィッシングで狙い、いつかはワールドクラスを追い続ける釣り師の記録です。

コメント

コメントする

目次
閉じる