MENU

北海道の川でブラウントラウトを釣る#9 ルアー フィッシング

その日の仕事を終えて、近所の川へいってみる…

少し気になるポイントがあった…

昔の大場所だ…

ここは河川工事の時に大きく地形が変わってしまっていた…

釣りをはじめた頃はここには大きなイトウがいた…

何本もいた…

そのうちの一本は、足元のチャラ瀬を覗くと、大きな倒木?丸太と言って間違いない。と思うようなイトウだ…

上から見た幅が、尋の常ではない。

長さもだ、今思い出しても完全にメーターを遥かにこえていただろう…

実際に90㎝近くのイトウも釣れた、その丸々と太ったイトウでさえそいつに比べたら小さく思えた…

他にも、大きなニジマスも釣った…

その頃の自分の釣りは、朝から晩まで…では無い…

朝から朝までを毎日のように繰り返していた…

残念な事に…工事後はそのイトウ達の姿は一度も見たことがない……

どこかに逃げ延びていてくれる事を今もずっと願って日々釣りをしている…

そんな場所だ…

それが、やっと近年になりブラウンがつくようななった…

50㎝〜60アップは毎度のように釣れるようになってきた…

その場所で最近大きなライズがあったからだ…仲間のH氏もフライで狙ってみるも掛からなかった…

フライで食わないのにルアーならもっと反応しないのかも?

なんて思っていた…

瀬の頭からとりあえずdコンタクトを投げてみるが…

やはり反応はない…

次は流芯に入れて誘う…

ダメかぁ…

次はヨレの浅瀬に投げてみると…

着水と同時にドッバァーーン!!と大きなブラウンが跳んだ…

ギィーーーーーーーーー!!ギィーーーーーーーーーー!!

態勢的にちょっとマズいかも?

こちらもブラウンに合わせて急いで降る…

なかなか凶暴だ…オスのブラウンだな…

なんとか距離は近づけた!

よし!ランディングの準備だ!

ん? あれっ?

…………ネットがない!

そぉ、まさか出るなんて思ってなかったのでクルマに置いてきていた…

マズい…非常にマズい…

相手はオスのブラウン…時間をかけ過ぎるとバレる気しかしない…

と、そのタイミングであたりを見回すと…

ジャストなタイミングでランクルが到着した…!!

仲間のH氏がきたのだ!

状況を察したH氏がクルマからランディングネットを持ってきて見事にイン!!

ブラウントラウト

thank you!!ありがとう!!計測してみると73㎝!

お〜良いね〜^ ^!!

急いで写真撮影!

ここの魚はどう言う訳かすぐに瞳孔が開いてしまうのだ…

けれどなんとか自力で泳いで帰ってくれたので一安心…

最高の仲間と最高のブラウンに感謝です…

最高の時間をありがとう……

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北海道でビックトラウトをルアーフィッシング、フライフィッシングで狙い、いつかはワールドクラスを追い続ける釣り師の記録です。

コメント

コメントする

目次
閉じる